株式会社LTEロゴ
お問い合わせフォーム
メインイメージ

 

中古電動車両という選択が新しい!

導入コスト

台数は少ないですが、初期に販売されたEVの中古車が少しずつ出回ってきました。相場を見ると、かなり魅力的な値段で取引されています。このチャンスを見逃す手はありません。単純に据え置き型蓄電池と比較しても、充分に安いです。車両としての導入コストがガソリン車とほぼ変わらなければ、その後のランニングコストが安い分、電動車両のメリットをより生かすことが出来ます。
大手カーリース会社所有の電動車両を、「再リース」の仕組みを利用して弊社よりご提供いたします。

地産地消型電動車両が新しい!

電動リバーストライク「E3(試作車開発中)」

乗用車とは違うカテゴリーの電動リバーストライク「E3」を取り扱います。
E3は、一般社団法人 日本EVクラブが企画/設計したもので、地域の町工場で組み立て、地域の自転車屋さんやバイク店で販売/メンテナンスをしていただくというコンセプトの車両です。弊社は新車用の部品やユニットの供給を行います。試作状況は追ってレポートいたします。

鉛電池代替リチウムイオン電池が新しい!

リチウムイオン電池

形状はこれまでの鉛電池と同じ。充電設備もそのまま使えます。しかしながら、性能はリチウムイオン電池そのもの! というコンセプトで作られたものが、「サイクルユース用リン酸鉄リチウムイオンバッテリー KMRシリーズ」です。既に大手自動車メーカーの工場で、電動AGVの動力源として採用いただいています。
鉛電池の性能がもの足りない、メンテナンス工数を減らしたい、などのニーズにお応えするものです。詳細はこちらのページをご覧ください。

  • 中古電動車両という
選択が新しい!
  • 地産地消型電動車両
が新しい!
  • 充電設備について
  • 鉛電池代替
リチウムイオン電池
が新しい!
  • リース・レンタル用
電動車種のご紹介

協力リンク